TOP > #8

60 years
2015-02-05

fritz-hansen-20150114_004-thumb-642x800-358173.jpg
fritz-hansen-20150114_001-thumb-640x800-358174.jpg



60 years
北欧のシンプルデザインの先駆者といえるアルネ・ヤコブセン。彼がデザインしたスタッキング可能なセブンチェアは、フリッツ・ハンセンの歴史の中でも一際注目を集める存在です。2015年、誕生から60周年を迎えるセブンチェアを記念し、フリッツ・ハンセンから2種類のセブンチェア特別モデルが発表されました。
アルネ・ヤコブセンによりデザインされたセブンチェアは、フリッツ・ハンセン社を代表するベストセラ-であると同時に、家具の歴史においてアイコン的存在となった椅子でもあります。アリンコチェアの開発から3年が経過した1955年、さらなる進化を遂げた成形合板のチェアとしてセブンチェアは誕生しました。スタッキングが可能な4本脚のセブンチェアは、ラミネ-ト加工技術の集大成ともいえます。ヤコブセンはこの加工技術に、完璧な椅子を創り出す可能性を見出しました。フリッツ・ハンセンコレクションを代表するセブンチェアは、豊富なバリエーションで展開しています。
セブンチェアの60周年を記念し、2015年に特別仕様の3107モデル2種類が誕生します。「コントラスト」がキ-ワ-ドの60周年記念モデルの特徴は、素材や仕上げ、カラ-の対比です。仕様はラッカ-仕上げのダ-クブル-のシェルに光沢ある粉体塗装仕上げ脚をもつマスキュリンなモデルと、ペ-ルピンクのシェルに24Kゴ-ルドメッキ脚のフェミニンなモデルの2種類です。ダ-クブル-とペ-ルピンクの2色は対照的なカラ-でありながらも組み合わせることで落ち着きある洗練された雰囲気を生み出します。記念モデルのシェルの下部には、デザインアイコンの60周年を記念してゴールドのプレ-トが付けられています。